FUKAZAWA SEIKA NANGO

札幌の「深澤青果」の南郷本店のインテリアデザイン.

24軒店に続く第2弾リノベーション.

既存の空間は,青果店としてすでに使用されていたが,奥行きが長いただの矩形平面を立ち上げただけの箱であった.

空間には緊張感がなく,野菜もただ置かれているだけという,無味乾燥な空気感であった.

そこで今回は前回に引き続き,ブランディングカラーを踏襲しながらも質感を重視した素材や構成を選定し迫力のある空間を目指した.

波型スレート板のヘリンボーンやエキスパンドメタルの吊天井が空間の奥行きを演出し,人々の意識を奥へと引込む.

そして空間と野菜が肉迫し,これまでよりも人に働きかけるような青果店の在り方が実現できたように思う.

そして鮮度の良い野菜や果物はスポットライトで照らされ,ブランド品のように主役として鎮座している.

COPYRIGHT Ⓒ GLA ALL RIGHTS RESERVED