• GLA

GLAlog-007/北海道胆振東部地震

更新日:2020年3月1日


みなさま、こんばんは。

やっと、フツウを取り戻しました。


そう、9/6午前3時過ぎに大地震が起こり、大変でした。

北海道中が大変でした。。。


まだまだ、震源地の回復には時間がかかりますが

札幌は二日ほどで停電も断水も、電話ネットの不通も解消され、

落ち着きを取り戻しているところです。


全国から心配のご連絡誠にありがとうございました。

大変元気づけれらましたし、心が温かくなりました。

本当に心から感謝しております。


被害額も100億円に上ると報道もされているところです。。。

先日とある業者さんと話したところ

2日のストップで10月半ばまでその運送関係の遅れを

調整していかなければならないと

被害の深刻さをうかがい知ることができました。


大地震前日。


9/5は台風が札幌を直撃して

わが家の木々も大変に揺れておりました。

幸いガラスにあたることがなく割れることはありませんでしたが

大きな窓ばかりなのでちょっと風圧も心配でした。


幸い問題はありませんでしたが

夜中中、防風の音で寝付けませんでした。


朝起きて、フェイスブックなどで

皆さんが近況をアップしているのを見ると

あちこちで大きな木が倒木しているのを確認します。

これまた我が家も倒木まではなく

折れた大きな枝を拾い集め片づけをしたりしてました。


ただでさえ眠たい。。。

そんなけだるい一日だったのです。


それにしても我が家は崖の上なので

土砂崩れが心配です。

地質調査では地盤は強固なわけですが

どうも信用ならない。。。

大雨は本当にドキドキします。

毎年のように土砂崩れの報道を見てしまうと。

絶対というものが災害に関してはないと

肝に銘じているほうなので

本当に崩れなくてよかった。。。


私の学生の頃の専攻は構造分野でした。

その時、構造の大家のような教授が

「建築という構造に「絶対」というものはありえません。」

と言っていたのをよく覚えています。

甚大な被害を防ぐための構造なのです。

生命を財産を守る。それが課された構造設計というもの。


そんなことを思いながら

一日天気もぐずぐずしておりましたが

その日の深夜12時あたりでしたでしょうか、変な雷が走ります。

雨も降らない、音も聞こえない。

ただただ、空が光る。

ややしばらく雷は続きました。


変だなぁ、なんて思って

就寝したらその三時間後くらいに

大地震。。。

そして全道にわたるブラックアウト。。。

さすがに焦りました。

地盤が緩んでいるのにこの大地震。。。

倒壊を念頭に入れながら

その夜を過ごしました。

あの雷は予兆だったんじゃないかと思った方も

少なくないと思います。



最近Googleで以下のような比較写真が

出ましたので紹介いたします。