• GLA

GLAlog-013/GLApj-4「リノベ」と師走

更新日:2020年3月1日


みなさん、こんにちは。

今日は大みそかです。

2018年もとうとう終わりを迎えてしまいますね。


北海道命名150周年。

そんな節目に独立。

北海道を愛する僕としてはとてもしっくりきます。


先日12/28日にReplan123号に特集していただきました。

少しずつメディアに出て行ければ嬉しい限りです。

また、自邸のオープンハウスも初めて行うなど精力的な12月でした。

「きらりと光る北の建築賞」もいただき一定の結果が残せた一年です。

実作が少ないのでまだまだ物足りてはおりませんが。


さて、そんな師走。

なんだかんだあっちこっち行ってました。

遊びではありません。

半分だけ仕事です。

半分忘年会?のような。。。


ニセコに旭川。

たまたま知り合いが九州からニセコに視察に来るというので

便乗させていただくことに。

北海道でもニセコだけは異常で、もはや海外なのです。

なにが海外かって、そう、日本人がほとんどいません。

外国人ばかりなのです。

つまりは多くの別荘が立ち並び

外資系の建築が我も我もという形でひしめいております。


そんなニセコで落ち合い

随分と久しぶりの再会を祝い、まずはランチ。

新しくできたSKYE NISEKOへ。

写真右の建物。


連れられるがままに。。。


ホテルのフロントからして、日本人がいない。

レストランも日本人がいない。

日本語が通じない。

WOW。


とりあえず再開を祝い、共通の知り合いである

エディアランドスケープさんの音頭で乾杯。

勿論ノンアルでね。


日本語の一切ないメニューを見ながら

食事を注文し、近況報告などに花を咲かせました。


チェックもどこですればいいかわからない始末。笑

どうにか会計を済まし、SKYE NISEKOを後にしました。


案内のもと最近のニセコ事情を視察。


ここからが悲劇。

わざわざ、ニセコまで来たっていうのにすごい雪。。。雪雪雪。。。

建築が全然見えない。。。という。


見えるような見えないような建築をいくつか案内してもらいながら

新国立競技場の設計者である隈研吾氏の最新の建物も見ることができました。

でかい。。。このアングルからは見えませんが、まだまだ奥があります。