• GLA

GLAlog-014/謹賀新年2019

更新日:2020年3月1日


GLAなみなさま。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

  ↑めでたづくしリース


GLAlog-013は真面目路線から一変、食リポで締めくくってみたのですがいかがだったでしょうか。

だめでしたかね?

先日、GLAファンの方からゲントさんのインスタ建物ばっかりですよねと若干つまらないことをほのめかされたかのようにお話しされてしまいました。


ぐむむ。。。


真面目に建築のリポートに努めていこうと思っておりましたが

やはり、そこまで建築好きじゃない方には押しつけがましい内容となっていたわけですね。

ということで、本年は少し心に余裕を持ちながら、建築以外のお話もしてゆけたらと思っております。


何があるだろう。。。


とりあえずおいしいものは引き続きリポートします笑


てことで今年の初詣ではこちら。


人ごみの大嫌いなゲントさんは神宮ではなく


札幌ファクトリーにほど近い「マーシュ亭」へ。


なんと、元旦からやっている。。。

たまたま通りかかったのですが、食に飢えていたので

躊躇なく入ってしまいました。


確かにずっと気になっているお店ではありました。

洋食屋さんて、ありそうでもなかなか近くにありません。

一種の憧れというか、幻想のようなものがあります。


そんな思いでなだれ込みました。


店内はとても雰囲気が良く、お客さんは紳士がカウンターに一人。

よしよし、なんともちょうど良い雰囲気。

元旦のだらけた雰囲気に少しだけの緊張感。


メニューをひとしきり見て、悩んだあげく

ポークカツレツに決めました。


友人と他愛ない話で時間を潰していると

出てきました。

すごいビジュアルです。



この肉の断面の美しさ。

この肉の厚み。

そしてこのように盛り付けるシェフのセンス。

絶妙な火の通り加減。。。

たまりません。


早速、食すると。。。

HEAVEN。。。

絶頂です。


無言でひたすらこの幸せを噛みしめながら

うなづくように、ただただ、静かにいただきました。


ここはぜひ食す価値があるかと思います。

そんな、建築とは無縁の正月。

ただ、脳裏では常に今年の方策やら作るべきものなんかが、せわしなく往来しています。

なかなか、「無」になろうと思ってもそうはいかないものですね。


ただただ、この肉のおかげでやる気は出てきました。

次回はカレーもチャレンジしたいところです。





さて、早速脱線しましたが

正月なのでなにかおめでたい話でもしたいところですね。


。。。。。。


だめだ。自分で振ってみたもののハードルが高い。

そんなめでたい話などそうあるわけはありません。


ただ、昨年末、伊藤千織さんの正月リース(めでた