• GLA

GLAlog-020/ゲントな「平成」。

更新日:2020年3月1日


GLALOGファンのみなさま。

お待たせいたしました。

平成最終日に更新すべく、どうにかギリギリ間に合いました。

読まれている頃は既に令和に代わっていることでしょう。


平成という時代が終わってしまいます。



小学校低学年だった昭和の終焉。

あまり、ぴんと来ないまま平成に入ったわけです。


つまり、僕の記憶のほとんどは平成なのです。


ということで、前しか普段見ていないGLAな僕ですが

ちょっと過去を振り返りたいと思います。


基本的には建築に関する部分で、ね。

あまり僕のプライベートを書き上げても

埃だらけになってしまいますからね。


まず、どうしてこの「建築」という業界に足を踏み入れてしまったのか?

そんな経緯を振り返ってみたいと思います。


実は、小さな時から建築や住宅に興味があったのかと聞かれれば


答えは「NO」です。


いまから思えばそれもそのはず。

建築に興味がわくはずもないわけです。


北海道という特性上

三角屋根の家型や、いびつな家型、無落雪のフラットな外観の

家が立ち並びます。

その屋根はほとんど青とか赤とか

板金のよくある色で構成されているものが多かった記憶があります。

未だにその名残をよく見かけますね。


この年になると、少しノスタルジックに見えて

悪くないな、などと感じてしまう(幻覚?)のですが

当然、当時は美しいとも思えないし、

立体構成や、外観一面においてもその構成が美しいなどと

感じることすらできない

ただ、できてしまった産物としての建物ばかりが

大地を埋め尽くしているようにしか受け取れませんでした。


当然、どこどこにすごい家ができたんだってさ。

なんて、話が聞こえてきて、見にいっても

何も感動することがなく

ただ大きい、といったヴォキャブラリーの範疇だったわけです。


僕は絵を描くことが好きだったわけです。

ある程度の関心のあるものは当然模写もしますので

上手にかけるようになりました。


その中でも、描けなかったのが

「家」と「車」。

描きたいと思える対象が身の廻りにはなかったのです。

当時はそのような環境でした。

共感される方もいるのではないでしょうか。


車も同じような現象で

身の回りにはスポーティーな外車を乗っている方がいたわけでもなく

車の専門的な雑誌を見るわけでもなく

男の子としては珍しく、全く興味がなかったのです。

ベンツに乗せてもらっても、そのすごさを理解できず

頑丈な車という印象に終わってしまったのです。


そんな僕にもやたらと興奮する出来事がありました。


高学年になると行事の一環で

出店のようなお祭りのような、

買い物ごっこ的な店を構えて

そこで売り買いをするというようなイベントがありました。


図工が得意だったのもあり大工班に抜擢されます。

そこで、簡易的にではありますが

段ボールを利用して、はじめて人が2-3人入る小さな空間を作ったのです。

記憶はあいまいですが