• GLA

GLAlog-023/巨匠来宅とテレビジョンな取材。-後編-

更新日:2020年3月1日

GLAを応援してくださっている皆様、こんばんは。

後編を書こうと思いながら、そんな気も失せる怒涛の日々。

このブログも、もう少しライトにかければいいんですけどね。

どうも、性格的にサービス精神旺盛なもので、

ちゃんと何かを楽しく伝えたいと思ってしまうので

書けずじまいとなりがちなのです。


ゆるくお付き合いいただければ幸いです。


てことで前回に引き続き、ちょっと前の話にはなってしまいますが

巨匠「伊礼智」氏が翌日我が家に来て下さりました。


そのほかお付きの方を引き連れて。。。


巨匠を前に、こちらはもはやありのままをさらけ出すしか

手は残されておりません。

とはいってもさすがに少々片づけは致しましたが。


伊礼さんが到着されて、まず遠くから自邸を眺められました。

そして鉄板のもはやガタガタになってしまった

アプローチを歩いていただき(今年再整備予定)

鬱蒼と茂るイタドリを横目に木貼りの外観を見学されました。


さすがにGLAもちょっとはかっこつけようと

放置していたメインの中庭に先日、

急遽鉄平岩を入れたばかりでした。

その探している必死な様子は前々回にレポートしたところですが

とても気に入った巨大な鉄平石を結局ありがたくも譲っていただき

クレーンで吊り入れたのでした。


因みにこのような感じでした。



玄関からの眺めが美しくなるよう、

石の良さが最大限に引き出されるよう慎重に

配置してゆきます。

あと1ミリ上げてとかいいながら。


もはや気持ちの問題です。(笑)

実際はそんな精度出るわけないんですけど。


外構業者さんは面白い方たちで、

送られてきた見積書のタイトルが

「巨匠が来る前に庭石工事」と書かれていました。

真面目な方たちですがふざけていて、笑ってしまいます。


因みにここの方たちから僕は「勇者」と呼ばれています。

ドラクエにちなんでなのですが。

なぜなら、よく気に入ってつけているゴールドのピンバッチが

ロトの紋章に見えるから、とのことで。。。


まあ、愉快な方たちです。


そして雨の日の鉄平君もとても素敵♡

この場所ならという思いで譲っていただけたと思うのですが

本当に、絵になります。

感謝してもしきれないくらいに気に入っております。


そして

ずっと放置している巨大な落とし穴もそのままに。

これは樹木の移植が間に合わず。。。

巨匠が来る前には間に合いませんでした。


最近ようやく植える樹木が定まりました。

いろんな人に木を植える必要あるの???と言われちゃうんですが。。。

必要なんです。どんどん森をつくってゆかなきゃ。

木々の間に「森の素形」が建つイメージを作りたいですね。