• GLA

GLAlog-025/東山魁夷と谷口吉生01

更新日:2020年3月1日

GLAファンの皆様、こんばんは。

なんと、1ヶ月以上もブログを放置してしまいました。。。

いやですね、それは、その、あの。。。


1ヶ月の間、南国に行ってたわけではないんですよ。


もうそれはそれは、一人の限界を感じる一ヶ月だったわけですよ。

目の前の仕事に翻弄されてしまって。。。


すみません、言い訳です。


しかしながら、GLAとしては充実しているわけです。

ネタもたくさんできていますので。

プロジェクトも大分動き始めてまいりました。


で、ですね。

本題なんですが、

わたしも、最近うっすらと気づいていたのですが、

このGLAlog毎度、話が長いですよね。。。

終わったと思いきや、もう一話始まる的なね。。。


てことで、もう少し、短編として

話を分割することにいたしました。

すると、どうでしょう!

私のブログに向かう姿勢も変化し、素敵なことになるのでは!

と期待している次第でございます。

根が真面目なものですから、どうしても

【ブログを読んでいただく】

=何か有用な情報を載せたい!

=GLAの建築への想いを伝えたい!

などと考えてしまい、構成考え、執筆に時間がかかるので後回し。。。

となりがちだったわけですが、


今回からは違う、違うんです!

更新頻度を上げる!!!

このように思う次第です。






では、本日はそろそろこの辺で。。。

短編なのでご容赦ください。







。。。。。。




さすがに、それはないですよね(謝)

すみません。



てことでそろそろ本題に入ります。

今回は、ちょっと前に北海道近代美術館にて開催されていた

東山魁夷の「唐招提寺御影堂障壁画展」

のリポートと、日本建築「唐招提寺」や

日本に2つある「東山魁夷美術館」や

それらの設計を司った

巨匠建築家「谷口吉生」氏の作品に言及できればと思っております。


まず、日本において絶大な人気を誇る東山魁夷。

透明感のある凛とした抽象風景画を多く残した作家ですよね。

この作風が好きな方も多いかと思います。

僕もその一人でして、

自宅の玄関にも一枚複製の物を飾っております。


実はそもそも、

氏の作品をよく知っていたわけではなかったのですが

学生時代、建築行脚として、谷口吉生氏の作品が好きだったものですから

香川の県立東山魁夷せとうち美術館を訪れたわけです。


まずは建築があまりに美しいので息をのんで

しばしその佇まいを眺めます。

いや、もはや真剣勝負なので眺めるどころではなく凝視です。

きっと眉間にしわが寄っていたかもしれません。


そんな建築の外観と対峙した後に

入場料を支払って中へと歩みを進めます。

まだ、エントランスをにらみながら進んでいるのですが