• GLA

GLAlog-027/東山魁夷と谷口吉生03

更新日:2020年3月1日

GLAなみなさま、あけましておめでとうございます。

既に二月。

もう、、、ブログ専門スタッフ雇います。

ほんとに、一ヶ月に一回更新できないとは。。。

そして、また書けずに悶々とする日々を過ごしてまいりました。


最近では、SNSすら投稿できていない始末。


もう、応援してくださいなんて言えません。

緩く付き合ってください(涙)


「建築大賞」で賞をとってから

北海道大学や北海道科学大学から

学生の講評に来てもらえないか?と

ありがたいお声がけを頂いたりと、

仕事以外に、建築家らしい活動をできるようになってまいりました。


また4月から北海道科学大学で非常勤講師も始まります。

もともと、教えることが好きな部分もあり

若いこれからの学生の役に立てるのは本望であります。

この北海道から優秀な設計者がどんどん増えていくことを期待してやみません。


とうことで、バタバタだったんだろうな

と匂わせておきます(苦笑)


では、気を取り直して、

「東山魁夷と谷口吉生」第3弾。

シリーズ最終章。

巨匠同士のタッグ。

今回は、東山魁夷せとうち美術館をご紹介します。

こちらは、香川県の坂出市、海に面する敷地です。


四国建築行脚をしたときに立ち寄りました。

もちろん、目玉建築の一つです。

この四国行脚もかなり大変だったんですよ。。。

その辺の面白い思い出もいつかお伝えする日が来るかもしれません。

初めての心霊体験なんかもあったり。

やはり、日本の原風景ですよねぇ。えぇ。


もとい、もはや結構前の記憶なのですが

そこそこ、遠かった気がします。

バスだったか、タクシーだったか。。。


車に揺られ、やや日が暮れた頃につきました。

直線のアプローチの延びた先に

美術館が待ち構えております。。。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いきなりときめきます。


グリーンのスレート石をまとった直線の構成。

低いヴォリュームが周囲となじみます。


開く、閉じるを明快にした構成は

外観に強く表れ、中でどんな空間に出会えるのだろうかと

期待を膨らませてくれます。



期待を裏切らない美しい庇とガラス面。

くるりと回ると、瀬戸内海を見渡すカフェが。

そしていつもの石の質量感を消すような、美しい角のディティール。

軽やかに延びた庇は、カフェから見ると綺麗に風景を切り取っています。

大きな壁がこの建築の肝。

小振りでシンプルな造形。

" 引用元 http://1955nonnon.jugem.jp


そして、

内部空間もシンプルながら抑揚の利いた構成となっております。

白を基調として絵画を引き立てます。

階段を上り二階の直線的ギャラリーへ。