• GLA

GLAlog-031/VENICE to EBETSU

GLAな皆様、こんばんは。

前回のお・し・ま・い・DEATH宣告から脱出すべく半ば強引に執筆します。

乱筆の可能性大です。


インスタやフェイスブックより若干重めに書くという

方向転換をいたしましたので問題ないかな?あるかな。

いや、あるかぁ。。。


にしてもですよ、半沢直樹の最終回をお預けにして・・・

仕事の雑務をこなさなければならないのに・・・

描かなきゃならない図面も課題も山積なのに・・・

ブログ書きます。


なんでしょう。

この脅迫感。。。

いや、責任感。。。


なんとですよ、スローライフを標榜する設計事務所GLA、、、

のはずなのですが、ありがたいことにお仕事を色々と託していただいて

事務所は大変に賑やかな状態であります。

狭いデスクの上が、いくつものプロジェクトの資料の山ができています。


しかも、狭い事務所にコピー複合機をついに入れてしまいました。

も―――――う!狭い!!!


うちに来たことのある方は笑っていただけるかもしれません。

カタログ棚もさらに増設した。


さらに、狭い(笑)


サンプルはどんどん積まさるし、紙の印刷物はかさばるし、、、


いやいや、愚痴じゃあありませんよ。

全て自己の責任なのです。

GLAは整理整頓を心がけているので

綺麗にしているつもりですが、一瞬で汚くなります(苦笑)


しかも、真夜中に、ピーピーピーピーって設定変更のお知らせがなって

ガーガーガーガー音が鳴るんですよ、コピー機くん。

めちゃめちゃ、ホラーですよこれ。

怖い怖い怖い怖い。

けど、頑張って書きます。


さて、気がつけばもう9月も終わりですね。

いくつかのプロジェクトがこの9月に工事契約になりました。

そして来月からは現在進行中のプロジェクトが引渡しになってゆきます。

なんと、気づけば契約済みの案件が7つ動いているわけです。


その中には大き目なグループホームもあるのです。


来年の4月からどんどん工事が始まるのですが

果たして、私は生きていられるのでしょうか。。。


考えるだけで恐ろしいDEATH。。。


早め早めの設計をしなければ・・・

それでも来年いっぱいに渡って

素敵な作品が生まれてゆきそうです。

どれもこれも、こだわりの建築になってゆきそうで、

いまから楽しみでなりません。

読者の皆さんも楽しみにしていてくださいね。


本当にこんなうれしい悲鳴はありません!(涙)

若干本当の悲鳴も発していますが(笑)


もし、GLAをサポートしてくれる方がいれば

積極的にお声がけください!

お待ちしています!

ちゃんと図面描く自身のある方限定です!


さてこんな近況を過ごしているわけですが

「VENICE CREVASSE」をWORKSに