​TOPICS

GLAの最新情報は FACEBOOK/Instagram にて更新しております

  • GLA_Facebook
  • GLA_Instagram
★W.D.20欧横col.jpg

NEW!! 21.07.27

【「室蘭の半住居」の写真が届きました!】

みなさま、お待たせしておりました?!「室蘭の半住居」の写真が写真家より届きましたのでPORTFOLIOにアップしました。

これが住宅?というようなシーンが盛りだくさんですが、お施主さんと一緒になって、「本当の自分たちらしい家とは?」をまじめに議論しながら作った住宅です。知らずにとらわれている既成概念。そのことすら気づかずに無意識に選択している空間感。家はこうでなくてはならない、という呪縛。そのことに気づいたお客さまでした。

​ぜひ皆さんも、目からウロコのこの住宅をぜひ覗いてみて下さい。GLAとしても感慨深い作品に仕上がりました!写真をクリック!

21.07.04

【既に夏バテ気味ですが・・・GLA頑張っています!】

 

更新が滞っておりましたので、少しだけ最近の近況をお知らせいたしたいと思います。

先日オープンハウスをさせていただきました「室蘭の半住居」が完成となり、次なるプロジェクトが次々とスタートし始めております。

本年は大変にありがたいことに依頼を多くいただき、とても魅力的な建築空間が立上がってゆきます。少しさわりにはなりますがご紹介させていただこうと思います。

では早速!

①平岡の「cafestandmusbu」がSNSでご紹介しておりますがが、ほぼ完成しております。ソフトクリームやパフェも絶品で、珈琲もスペシャリティーなのでぜひインテリアの見学かねて伺ってみて下さい。2階も面白いデザインとなっておりますので、見たい旨を申し伝えると見せていただける?かも・です!既存建築のリノベとなりますが、元の建築の良いエッセンスだけ残して組みなおしております。1階は白い壁により居心地の違う空間をいくつか生み出し、2階は木構造をそのままに現しながらも新旧のメリハリの利いた空間に仕立てております。

②札幌の住宅「houseS」は基礎着工しており、聳え立つ鉄筋の量に萌えております。今年の作品の中では一番ダイナミックに見える構成となっております。トンネル状のアプローチの奥には緑の庭が見える仕掛けとなっており、内部は美術館のように静かな光を制御した1階、それに比して光に満ちた2階のコントラストが際立つ住宅です。少しずつスキップしながら繋がり、展開する空間は、非常に魅力的なシークエンスとなります。森と街を望む2つのテラスをもつ構成で、内部は素朴な仕上材ながらラグジュアリーにな空間に変貌を遂げております。

③札幌の住宅「houseT」は建方(木構造組み)が順調に進んでおり、傾斜地を利用したスキップフロアだらけの計画となっております。玄関からリビングへ徐々に下りてゆき天井がどんどんと高くなります。長手方向に5つの層にゆるく分割された構成は床の段差も相まって、独特な住宅となってゆきそうです。景色に応じ住宅地に斜めに振られて挿入されるボックス型の住宅は見ものです。内部はシナ合板のみで構成する柔らかなインテリアとなってゆきます。また、2階は近作同様大きなロフトを持つ構成となっており、こちらも前作とは異なる様相の居室群となってゆきそうです。

④札幌の住宅「houseM」は基礎着工中です。こちらはモダニズム的な住宅となります。公園前の立地に水平を強調した横長なフォルムを持ち、敷地に対し極力低層部が多く占めるような構成となっております。大きな中庭テラスを囲う構成は、すべての空間が明るく伸びやかな印象を持つよう配慮し、LDKは道路からグラデ―ショナルにRC塀の壁、建築の垂れ壁、中庭テラスと段階的に距離を置いており、落ち着く空間としております。インテリアは白とグレーと木によるニュートラルな印象の仕上がりの予定です。既存のやや古い街並みに新陳代謝を促すような、公園と相まってランドマーク的な美しい建築物となることを願っております。

⑤「深澤青果元町店」もいよいよ着工。今回は少し広い面積に計画です。デザインの系譜はこれまでと同じで、インダストリアルな空間にフレッシュな野菜という対比をスタディーしております。340ものLEDペンダントのみで空間を演出。インダストリアルでありながらラグジュアリーかつ柔らかな印象の空間となってゆきます。赤い鉄骨の構成に銅色のハーフミラー照明。インスタ映えするような構成ですが、あくまで青果に焦点が当たるよう脇役を全うできるよう志しております。今回は少し看板デザインも担当できることとなりましたので、いままでの看板よりは少し大人びた印象に仕上がっているはずです!

⑥札幌市某所「ランドスケープ」案件も構成がおおむね見えてまいりました。秋ごろには第一弾オープンできる予定です。まだ詳しくはお伝え出来ませんが、人工と自然の間のデザインをしてゆくこととなります。抽象的で素敵な風景を生み出せるよう、アイディアを絞り出して努力しております。よく見るあんなものが、こうなっちゃうの?という所で勝負を挑もうと思っております。

⑦某オフィスワンフロアリノベーション⑧某店舗オフィスの建替え計画も進行中です。

こちらはもう少し形がはっきりした段階でまたご報告できたらと思います。

住宅を基軸にして設計をしておりますが、店舗やオフィス関係も増えてきました。ただのオフィスデザインでは留まらないような、新たな空間提示を試みております。人と不可分な建築物、人の心を豊かにする建築を引き続き目指してゆきたいですね。

「銀斜壁の境界」の外構工事もようやく計画案がまとまり、完成すると再撮影の運びです。また、撮影済みの「室蘭の半住居」の仕上がりも楽しみです。カフェスタンドも撮影しなければですね。その際はまたこちらでアナウンスいたします。インターンの学生なんかも来るようになり、事務所運営も活気が出てきました。といっても交代出勤なので、静かなものです。ではまた引き続きのご報告を楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。

​写真は平岡のCAFEです!

21.05.29

【6/12-13(土日)室蘭の完成見学会のお知らせ】

完全予約制,1時間につき2組までの新型コロナ対応と致します.

室蘭の「建築」好きな家族の為の住宅.「スクエアなヴォリュームが好きなんです.」「そして英会話教室もやるしピアノも教えたりできる子供たちが集える場所を作りたい」との依頼から計画をスタート.外部は室蘭の町に合うような新しくも古いイメージが残る木貼のデザインを一緒に検討しました.玄関ドアを開けると大きな吹抜けが貫通して,すべての空間が見え隠れします.光が注ぐ開放的な内部は,外の延長のようなおおらかさがあります。素朴な素材のみで構成した無垢な空間が展開しております。半分が住居、半分がまちの空間。箱型に詰め込んだ目くるめく、驚きを体験しに来てください。ぜひご予約の上ご見学ください.

 

​予約はコチラをクリックしてください.

 21.03.04

【PORTFOLIO/銀斜壁の境界 更新】

先日竣工を迎えた「銀斜壁の境界」の仮写真を撮影いたしましたので,WORKSを早速更新しております.先日のオープンハウスに駆けつけられなかった方はぜひご覧ください!

お施主様との二人三脚での建築の大冒険でした.様々な建築的なエッセンスを盛り込み,実面積以上の解放感を持ちながらも,それぞれ個々の空間は落ち着くようにも作れたのではないかと思います.ワンルームながら居心地の異なる空間の数珠つなぎのようでもあります.

​素材もいつもながら様々に展開しております.

 

​コチラをクリック→「銀斜壁の境界

21.02.12

【北海道住宅通信社の特集記事】

2021/2/10発行の住宅新聞である北海道住宅通信に特集記事を載せていただきました.今回のオファーは「JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2020」をきっかけに知って下さったそうです.

弊所「森の素形」に来ていただき,木を使った住宅の良さの他に,環境との対話や異素材の組み合わせなど,うざいほど熱いお話しさせていただきました・・・迷惑だったかもしれませんね.

普通の家ではないだけに興味深くお話を聞いていただき,あっという間の楽しい取材となりました.

一般の方はご覧になることはない住宅新聞ですので,レアモノとなりますが裏面一面フルで使っていただき大変嬉しく思います.

また,今後特集していただけるよう設計業に邁進したいと思います.

​下に画像を添付いたします.チラ見してみて下さい.

 21.02.12

【北海道科学大学卒業設計レビュー】

さて、先日非常勤講師を担当している科学大学の卒業設計レビューに行ってきました.コロナという特別な環境下特殊な設計が生まれているのが印象的でした.昨年に比べシリアスなテーマもあり,住宅を失った方の為のビルの隙間の架設的な社会提起に富んだものや,湖に浮かぶ隔離病棟と研究施設などドキッとする内容で,個人的には充実した時間となりました.4年生はだれにも手伝ってもらえない中,密度の濃いプレゼンを作成しており,その内に秘めたパワーが吐き出た場となっておりました.ますます設計に邁進してほしいなと感じた次第です.

本年も非常勤を仰せつかったので,私も学生の為になる講義ができるよう努める所存です.

「銀斜壁の境界」完成見学会

2021年2月20-21日(土日)の2日間開催予定

​オープンハウス登録ページはこちら

21.01.19

※終了致しました・満員御礼

【銀斜壁の境界/完成見学会】

2021年2月20-21日(土日)の2日間開催予定

2018年に土地探しから始まりました「銀斜壁の境界」.

約2年半じっくりと計画を練りようやく完成を迎えます.

普通の住宅とは異なるダイナミックな構造と

札幌市を一望できるパノラミックな眺望が特徴です.

空間構成や光,様々な形態や素材,家具や照明にも力を注ぎ

家が全てワンルームながら高密度な空間が展開されております.

GLAxお施主様の稀有な住宅がご覧いただけます.

ぜひ下記ページ登録の上ご見学ください.

​オープンハウス登録ページはこちら

2021.01.05

【新年のご挨拶】

新年あけましておめでとうございます.

1/5より通常営業とさせていただいたいております.

絶好調で初日からトップギアにシフトしております・・・

この勢いで本年も,建築作品作りに邁進してまいりたいと思います.

コロナの収まらぬ大変な世ではございますが前をしっかりと見据え

今できることを精一杯取り組んでゆこうと考えております.

​本年も何卒よろしくお願いいたします.

昨年大みそかにブログも更新しております。

GLAlog-033/GLAとジェニュインな大晦日

2020.12.23

【年末年始のお休み期間】

今年度の年末年始の休日は12/26~1/4とさせていただきます.

何卒ご容赦の程お願い申し上げます.

1/5より営業いたしますが,住宅の新築,リノベなどを

検討されている方は休み期間中でも

下記メールアドレスにご連絡いれていただければ

1/5より順次ご返信させていただきます.

まだ営業中ではございますが,本年もありがとうございました.

​来年はワクチンが行き届きハッピーな一年になることを祈っております.

2020.12.10

【新作「蘇芳の器」PORTFOLIOに掲載いたしました】

GLAとしてもシンプルな構成で新たな表現に挑んだ意欲作です.

子供たちに「現さん楽しいおうち作ってくれてありがとう!」

と笑顔いっぱいで感謝いただきました.

素直でまっすぐな瞳に見つめられ,

こちらもとても嬉し恥ずかしくなりました.

合わせてブログも「蘇芳の器」特集となっております.

ご笑納ください.

年内もう一本,スタッフのナイクさんと一年を振り返った対談企画しております.お楽しみにお待ちください.

PORTFOLIO「蘇芳の器」はコチラから!

​GLALOG「032/蘇芳の器と鬼滅の床」はコチラから!

2020.10.23

※【終了いたしました】

完成見学会のお知らせ【完全予約制】

―眺望の良い2階リビングと大きなロフトのある家―

江別で進めている住宅「house-I」の完成見学会を行います.

11/14(土),11/15(日)の予定です.

詳細につきましては下記ページでオープンハウス配信登録をお願いいたします.

登録いただいた方に限りこちらよりメールを送付させていただきます.

なお,年内に札幌で工事中の住宅「銀斜壁の境界」も

いよいよ完成予定です.

こちらも追って詳細を登録者様にはメール差し上げますのでご登録いただけると幸いです.

今年最後の見学会となりますので

​素敵な住宅を建てたい!と検討中の方はぜひご参加ください.

配信登録はコチラから

https://www.ghent-label-archi.com/open-house

2020.10.14

【「JAPAN WOOD DESIGN AWARD 2020」受賞!】

「森の素形」にて農林水産省・林野庁補助事業である

ウッドデザイン賞2020を受賞いたしました.

全国的な賞としては初となります.

国立競技場設計の隈研吾氏,住宅設計で著名な手塚由比氏が審査員とのことで個人的にも大変嬉しく思います.

① ​建築・空間・建材部材分野

② 木製品分野

③ コミュニケーション分野

④ 技術・研究分野

の17分野での優秀な取り組みに付与する賞です.

また一つ設計に邁進する励みになりました.

​また折を見て異なる賞へも応募してゆこうと思います!

2020.09.22

【VENICE CREVASSE】

「WORKS」に「VENICE CREVASSE」を追加いたしました.

過去作を再撮影させていただきました.

現在の視点で改めて記録させていただけたのは大変うれしい話です.

当初雑木林を目指して植えた植物も大きくなり,住宅と共生して豊かな環境を生み出しております.

広い敷地を最大限に利用した計画です.

当初小さな箱型を敷地に散りばめて平面的にも奥行きの深い計画でした.最終的に大きな庭をとる方向性にまとまり,その中でL型配置となった両翼を分断せず空間を接続することに随分悩みました.

住宅内に2つの階段をかける有用性を認識した住宅でもありました.

私も様々に苦悩しましたが,お施主様も美しく保つことに努めていただけた稀有な幸せな住宅です.

ボーボーのイタドリの中に分け入り,測量したのは懐かしい思い出です.

当時のお蔵入りの補足写真も加えて構成しております.

どうぞご覧ください.

​下の写真をクリック!

2020.09.10

【GLALOG更新とWORKS更新】

 

「GLALOG」5か月ぶりに更新しております!

​下記タイトルからどうぞ!

GLAlog-030/お・し・ま・い・デス

※「WORKS」に新作を追加いたしました.

シルバーなスタッドのみで構築した深澤青果ドン・キホーテ手稲店.

お客様や従業員さんの少ない早朝7時からスタンバイしての撮影!

いつも深澤青果の写真撮影はお客様が外で並んでいる中,オープンまでの短時間勝負です.

ドン・キホーテというカオスの中,GLAの苦悩をご堪能ください.

​下の写真をクリック!

2020.08.12

※終了いたしました.満員御礼!

【江別の住宅構造見学会のご案内(予約受付中)】

GLAで住宅を考えてみたいなとお考えのみなさま

現在進行中の江別のプロジェクトの構造見学会をいたします.

こちらもアクロバティックな構造となっており,見ごたえ十分です.

フツウの家はちょっとな・・・とお考えの方は必見です.

難易度の高い木造住宅の構造が見れるチャンス!です.

【予約制】

江別で建築中の「house-I」(8月29日(土)30(日)に決定!

―眺望の良い2階リビングと大きなロフトのある家―

下記配信登録いただけますとメールを差し上げます.

コロナ対策の一環として完全予約制となっております.

​一組様60分までとさせていただきます.

登録はコチラから

https://www.ghent-label-archi.com/open-house

2020.07.29

※終了いたしました.満員御礼!!!

【住宅の構造見学会のご案内】

GLAで住宅を考えてみたいなとお考えのみなさま

現在進行中の2軒のプロジェクトの構造見学会をいたします.

いずれもアクロバティックな構造となっており,見ごたえ十分です.

フツウの家はちょっとな・・・とお考えの方は必見です.

難易度の高い木造住宅の構造が見れるチャンス!です.

【予約制】

札幌で建築中の「銀斜壁の境界」(8月8-9-10日に決定!)

―高台の立地を生かした大パノラマな景色を取り込んだ住宅―

また江別で建築予定の「house I」(8月下旬-9月上旬予定)も

近くなりましたら詳細をアップ致します.

また,下記配信登録いただけますとメールを差し上げます.

完全予約制となっております.

登録はコチラから

https://www.ghent-label-archi.com/open-house

2020.07.28

【深澤青果ドン・キホーテ手稲店オープン】

深澤青果手稲店がオープンいたしました.

これまでの系譜を引きずったデザインコード.

無機質な工業製品と野菜,果物との対比が

独特の空気感を醸し出しております.

いつもながら,野菜や果物たちがキラキラスポットを

浴びて瑞々しく陳列されております.

今回はドン・キホーテさんの一角にオープンさせましたので

混沌とした中のデザイントライアルでしたが

しっかりと存在感は示せたかと思います.

テレビ取材も早速入っているようですので

ご興味ある方はぜひ足を運んでください.

​相変わらずの激安ぶりにただただ感服です!

2020.05.09

【深澤青果南郷本店 5/8リニューアルオープン】

GW中工事をしていた深澤青果店舗リノベーション第2弾の

写真撮影を本日してまいりましたが,

早速写真が仕上がってきましたので,ぜひぜひご覧ください.

前回の24軒店にも増して,パワーアップした空間です.

前回よりも予算をかけていただけたので,空間に強度が出ました.

日本一の八百屋を目指すとの気迫に,インテリアも応えたつもりです.

このような青果店はそうそうないことでしょう.

ブティックやギャラリーのようなインテリアなのに,

野菜や果物の価格は,札幌で最安値で提供するという心意気.

高級感ある内装と,価格破壊の値段.

そのギャップも楽しんでいただければ幸いです.

​それでは下記画像リンクからどうぞ!

なお,6月にはドン・キホーテ手稲店に

GLAx深澤青果コラボ第3弾も計画中です!

これまた,異様なインテリアデザインとなりそうです.

乞うご期待ください!

2020.05.07

【GWもおわり・・・】

皆様、新型コロナウイルスを避けながら静かなGWを過ごされたことと思います。わたしも例外ではなく、自宅の掃除などをしておりました。

その一方仕事も進めておりまして、激安青果店で今や多くの方に認知された「深澤青果」の第二弾リニューアルをプロデュースしております。

インスタやFacebookではすでに近況をご報告しておりますが、どうにか、超短工期ではありましたがまた一つ新たな青果店に仕上げられたのではないかと考えております。

そのご報告はまたの機会といたしますね。

明日写真撮影に行ってまいります。

素敵な写真が撮れますように!!!

さて、長きにわたり携わっていた札幌の集合住宅が完成し写真撮影してまいりましたので、ご興味ある方はぜひご覧ください。

収益物件としての採算性が求められるので、そこまで「建築」まで昇華していないかもしれませんがそこそこ、クライアントともぶつかり合いながら豊かな空間は獲得できたのではないかなと考えております。

タイトルは「7-STEPS」です。

​下記画像リンクからどうぞ!

2020.02.11

【北海道大学・北海道科学大学でのゲストクリティーク】

北海道大学建築学科の選抜学生の講評と、

北海道科学大学建築学科の卒業設計の

ゲスト審査員としてお邪魔してきました。

それぞれの大学の「色」を改めて認識してきたところですが、

いずれも学生らしく、自由な発想が基本としてあり微笑ましくもありました。

自分の学生の頃を思い出しながら、

案外自分の価値軸というのがぶれていないことも気づきました。

それは「魅力的な空間を作ること」の一点。

その思いが伝わってこない学生がほとんどで

伝えるスキルといったものをこれからの社会経験の実践で

磨き上げてゆくのだろうと思います。

本質的にこの学生はどんなことを考えているか、興味があるのかを

洞察しながら講評したつもりでしたが、やや辛口になってしまったか・・・

この建物、一回行ったらもう行かないな・・・と。

いかに人を惹きつけるか。

​旅をして考えていってほしいものですね。

2020.01.22

【北ガストークイベント参加】

1/19に札幌ファクトリーの北ガスショールームで行われた

イベントにゲストとしてお招きいただきました.

北ガス×アウタビ北海道×MUSBUが主催する

北海道の家づくりを盛り上げたいという参加型イベント.

微力ながら,「一級建築士と語る自分らしい家づくり」

という内容で,現場あるあるをお話して

ご参加のお客様に

参考にしていただければ,という想いで語らせていただきました.

お客様の中には随分と共感いただいた方もいらして

​盛況の内に終わりました.

​僕の笑顔もこぼれていたようです(笑).

このような機会があればまた,

いろいろとお伝えしたいなと強く思ったのでした.

2020.01.11

【新年のご挨拶と近況報告】

応援いただいている皆様,松の内も明けてしまいましたが

本年もどうぞよろしくお願いいたします.

昨年末発売のリプラン127号に

マンションリノベ―ション事例として

「15Fboutique」が掲載されております.

ありがたくも7ページにわたる特集を組んでいただいております.

新築住宅とはまた異なる手法で仕上げた

ホテルライクなラグジュアリーなインテリアが特徴です.

マンションリノベは特にクライアントの個性がダイレクトに反映されます.

ぜひ,お近くの書店やコンビニでお手に取っていただけると幸いです.

「PUBLICATION」ページでも紹介しております.

本年は昨年の受賞を糧に,ますます飛躍できる年とすべく

関係者一同気合を入れてまいります.

また,大学関係での非常勤講師等幾つかオファーいただき

夢にときめく学生と触れ合うことも増えそうです.

改めて自分もさらに勉強しなければと襟を正しております.

 

それでは本年も素敵な建築を作ってまいりますので

​ご声援の程,よろしくお願いいたします。

2019.12.03

【JIA北海道建築大賞2019 審査委員賞受賞!!!】

先日ご案内しましたJIA日本建築家協会が3年に1度主催する

北海道建築大賞2019に見事,審査委員賞を受賞することができました.

大賞は逃したものの,健闘することができました.

「森の素形」としては,「きらりと光る北の建築賞」に続き

2つ目の受賞となります.

急ピッチで進めた外構工事も完成が間に合い

緊張感のある空間に仕立てていただきました.

関係者のみなさまには感謝申し上げます.

授賞式は来年の5月とのことです.

個人的にも大変嬉しい受賞となりました.​

2019.11.22

【最新作掲載】

先日撮影した住宅リノベーション「KOMANOMA」を

WORKSにアップしました.

内装の表層の在り方を模索した事例です.

建築の下地にするような木材で,安価にステキに構成することができました.

また,撮影にはKartell札幌とコラボして素敵な家具を散りばめています.

当初からがらりと変わった気持ちの良い空間となりました.

https://www.ghent-label-archi.com/komanoma

2019.11.11

【Replan127号(2019.12.28)掲載のお知らせ】

先日「15Fboutique」の撮影をしてまりました.

リノベーションの特集ということで,

マンションリノベの事例で7ページの特集を組んでいただく予定です.

WORKSでも案内しております作品ですが

個人の嗜好を十分に加味して,建築的に構成しております.

​本HPとはまた違う写真もどうぞお楽しみにしてください.

2019.09.29

【JIA北海道建築大賞2019二次審査通過のお知らせ】

日本建築家協会JIAが3年に一度開催する北海道の建築大賞に「森の素形」を応募しておりましたが昨日9/28にモエレ沼公園のガラスのピラミッドで公開審査が行われました.

北海道の建築賞としては一番大きなものとなります.

今回は2回目の開催となります.

著名な北海道の建築猛者が集まる中GLAは一次審査のパネル審査で,緊張の高まる中

審査員の満票をいただき見事に通過.

そしてお昼を挟んだ二次審査では,残念ながら,トップバッター・・・の発表.

がっくりです.

心の準備も整わないままに,緊張感たっぷりのまま突入💀

プレゼンテーションでコンセプトなどをどうにか伝えた結果・・・

な・な・なんと・・・これまた,見事に通過してしまいました.

一般建築部門と住宅部門に分かれての審査となりますが​住宅部門では3作品に絞られ,その内の一つとなりました.

残すところ11月末頃に行われる現地審査のみとなりました.

しっかりとお掃除をして好印象を獲得すべく頑張ります!

もう少し外構工事も進めようと思います.

​ここまで来たら,このデカい賞をなんとしても獲得したいところですね.

久しぶりにとっても嬉しい報告でした.

2019.09.16

【Replan 編集長ブログのお知らせ】

リプラン誌の編集長が自邸にお越しいただいた際の

ブログが3編に分かれて執筆されているのを最近知ったので,

もう1月の話ですが下記の通りお知らせいたします.

ぜひご覧になってください.

□Replan編集長ブログ*性能とデザイン いい家大研究

【北の木々・自然との共生を志向する家】
【北海道的茶室 冬の花鳥風月】
【浮遊する天井というデザイン再発見】

2019.07.23

【北海道建築作品ディスカッション2019参加のお知らせ】

7/20(土)に北海道組主催の建築作品ディスカッションに参加してまいりました.できたての創成スクエア札幌市民文化交流センターSCARTSにて.

今回は第一部として

「新建築住宅特集」編集長の西牧氏を招いてレクチャーを頂くという内容.「新建築」誌の歴史と雑誌に込めている想い,近作の紹介など熱量全開のレクチャーとなりました.

第二部として建築作品ディスカッション.

新築住宅はじめ,リノベーション,店舗,学校,これからのプロジェクトと幅広いジャンルとなりました.西牧氏と建築家・五十嵐淳氏を交えての討論となりました.

切れ味の鋭い二人に「一同ズバッと」切られ,今後の建築への示唆をいただく大変貴重な会となりました.また,お会いしてみたい建築家とも話すチャンスができたので刺激を注入した夜となりました.

​写真は討論終了後の気が抜けた瞬間です.

​発表作品は下記からご覧いただけます.

http://hokkaidogumi.com/?p=1645

2019.06.18

【リンナイフェア2019 参加のお知らせ】

6/29(土/10:00-16:00)に

アクセス札幌(白石流通センター4丁目)での

サニーデイ!リンナイフェア2019に参加が決まりました.

札幌を中心に活動する建築家が10組以上参加いたします.

パネル展示のほか,模型の展示もあり

現在進行中のプロジェクトの模型も展示予定です.

当日はお子様連れも楽しめるようにキッズコーナーも併設し

遊びながら展示も見ることができるようになる予定です.

リンナイのガス器具と建築家の「今」が見られる企画となっておりますので

ぜひお立ち寄りください.

来場無料,フードドリンクも無料です!

ビンゴ大会,ガラポン抽選会もあるようですよ!

詳しくはこちらから.

https://www.replan.ne.jp/news/10985/

新作の展示はこのような住宅です.

​内部は模型でお楽しみください!!

2019.05.24

【Replan web magazine 掲載のお知らせ】

皆様、先日の生放送はご覧いただけたでしょうか.

なんと10分の放送に3時間のリハーサルがありました.

テレビというのは大変なものなんですね.

そしてこわばったGLAな姿も楽しんでいただけたでしょうか?

さて,リプラン誌より急遽連動企画して下さることとなり

現在トップページから記事を読んでいただけるようになっております.

内容はリプラン123号を元にしておりますが

写真家・佐々木育弥さんの撮影した美しい写真も

ご覧いただけますのでぜひ覗いてみてください.

Replan 特集ページはこちらから.

https://www.replan.ne.jp/articles/10469/

2019.05.22

【テレビ出演のご案内】

 

いよいよ明日5/23(木)に自邸「森の素形」が

HBC「今日ドキッ!」で生中継となりました.

15:55頃より生放送です!!

カチコチな私を見て笑っていただければと思います!!

それでは,精一杯魅力を伝えられるよう頑張ります!

2019.05.17

【巨匠建築家・伊礼智氏の来訪とテレビ出演のご案内】

なんと,住宅業界では知らぬ建築家・伊礼智氏が我が家に来てくれました.

前日に講演会もあり,先生は沖縄出身ということもあり沖縄の中間領域についてお話しされておりました.GLAの北国における中間領域の想いも見ていただき,北海道の住宅のイメージが随分と変わったとお話いただけました.

まちと家の間,家と庭の間のもつ豊かさを,沖縄と北海道からの視点で意見交換できたような気がします.

そしてそんな折,急遽テレビ出演の話もトントンと決まり,5/23(木)に自邸「森の素形」がHBC「今日ドキッ!」で生中継となりました.

​また時間など詳しい情報はいりましたらご報告いたします.

2019.03.28

【リプラン124号によるきらりと光る北の建築賞の紹介】

 

2018年度北海道建築士事務所協会主催の

第18回「きらりと光る北の建築賞」三作品が紹介されています.

毎年恒例の紹介コーナーですが,北海道の賞として

市民の方にアナウンスされる大切な誌面です.

​審査委員長の短評も記載されております.

あらためてありがたい限りです!

​新たな家プロジェクトも進めておりますので発表を楽しみにお待ちください.

2019.02.23

【きらりと光る北の建築賞 授賞式】

2018/02/22に

北海道建築士事務所協会主催の

第18回「きらりと光る北の建築賞」の授賞式が執り行われました.

久々の授賞式に緊張感を持ちながら出席いたしました.

ブログでも追ってご報告したいと思います.

重ねて投票してくださった市民の皆様誠にありがとうございました.

これからも北海道らしい素晴らしい環境に応答した

建築の在り方を模索してゆこうと思います.

​何卒今後ともご声援いただきますようお願い申し上げます.

2019.01.16

【最新作 ELVIS RHETORICのご紹介】

最新作「ELVIS RHETORIC」をWORKSに追加いたしました.

マンションリノベーションの事例です.

築20年ほどの使い倒したインテリア全面更新です.

シックかつエレガントに.

ELVISの大ファンのクライアント.

この空間に様々なELVISのポスターやグッズが散りばめられます.

インテリアもシンプルながら負けないよう力強くしております.

​ぜひご覧下さい。

ELVIS RHETORIC

2018.12.28

【Replan123 発売のお知らせ】

リプラン123号に自邸「森の素形」が掲載されました.

今回は10ページも掲載頂いております.

偶然が重なり巻頭2頁は

フローリングメーカーのSeeGeL/シーゲルさんとの対談.

巻末8頁は「北の建築家」に特集していただきました.

ぜひお近くの書店・コンビニへ!

 

北海道以外でもし気になる方がいらっしゃれば

リプランさんのこちらのページでも販売しております.

http://web.replan.ne.jp/content/bookcart/b1hok/h123/index.php

 

年末年始はGLA祭りの本誌を片手に一杯やってください.

 PUBLICATIONも更新しましたのでご参照ください.​​

2018.12.12

【森の素形/オープンハウスのお知らせ】

きらりと光る北の建築賞受賞につき、ついに「森の素形」を公開いたします.

これまで限られた方のみいらしていただきましたがぜひ新築、リノベをお考えの方は

参考にしていただければと思います.

詳しくは、CONTACTからお申込み願います.

【予約制】となりますがぜひお気軽にお申し込みください.

また、12/28日発売のリプラン誌にも「森の素形」が特集されますで、ぜひお手に取っていただければと思います.

​その他巻頭もちょっとした対談が載っております.

それではお会いできるのを楽しみにしております.

​先日完成しましたGLAブレンド珈琲でおもてなしさせていただきます♪

場所:札幌市手稲山麓(詳細はメールにて返信いたします)

日時:12/23(日)10:00 - 16:00

   12/24(月)10:00 - 16:00

2018.12.02

【新作更新】

WORKSに新作の「FUKAZAWA SEIKA 24」

を更新いたしました.

野菜への熱い想いに応え

建築は脇役として野菜を引き立たせるべく

モノトーンとしました.

毎日行列とのことで大繁盛のご様子.

お客様から素敵なインテリアねとお褒めいただきますと

嬉しいお言葉も聞けました.

​地域の活性化に一役かえればと思う次第です.

2018.11.19

​【きらりと光る北の建築賞・受賞!!!】

この度,北海道建築士事務所協会主催の第18回「きらりと光る北の建築賞」をめでたく受賞致しました!!

北海道における登竜門的な賞を受賞することができ大変に嬉しく感じております.

決死の覚悟で臨んだ「森の素形」がこのような形で評価いただき,取り組んでいただいた各業者さんの想いにようやく報いることができました.

建築とは全員で作る泥臭い「交響曲」のようなものです.

全工程,業者さんの手仕事の後を意図的に残すラフな仕上げを目指しました.

その跡を見ては職人たちの顔や背中を思い出し,未だに勇気をもらい,初心に帰ります.

みんなで作り上げたこの住宅が賞をいただき大変嬉しい次第です.

授賞式は2/22ということでまだ先ですがこれから

月内締め切りの受賞コメントをしたためなければなりません...

審査員の皆様,力を貸してくださった皆様,MooSをはじめ私を育ててくださった諸先輩方​本当にありがとうございました!!!

これからにどうぞご期待ください.

​こんな状態からスタートでした(笑)

2018.11.11

【きらりと光る北の建築賞一次審査通過!】

北海道建築士事務所協会主催の

第18回「きらりと光る北の建築賞」の市民投票の結果

「森の素形」が一次審査を通り現地二次審査が行われました.

投票していただいた皆様,心から感謝いたします.

結果は例年通りですと12月に入ってとのことですのでしばしお待ちください.

 

公の受賞は初めてのことになりますので入賞することを祈るばかりです.

​いや,何としても入賞せねばなりません.

2018.10.11

​【札幌市プレイスメイキングの参加】

本日より4日間(10/11-10/14)

札幌市のプレイスメイキングの実証実験が行われます.

札幌ファクトリーフロンティア館横の細長いオープンスペースに,

仮設ベンチが12個置かれます.

この度プロジェクトに参加させていただき

デザインを手伝わせていただくことができました.

​基本ユニットをベースとして組み合わせを自由にすることができます.

長いベンチにもできるし,サンゴ礁のような複雑な形にもできます.

​是非,この週末お出かけの際はコーヒー片手におくつろぎください.

初のパプリックなデザインができ大変嬉しく思っております!!

​いつの日か公園をデザインできることを夢見て!

2018.08.20

【ハルキギャラリー掲載】

「森の素形」の外壁材で大変お世話になりました

株式会社ハルキさんのギャラリーにてGLAをご紹介いただきました。

幅の狭い道南杉を利用しております.

そしてこのハルキさん.

新国立競技場整備事業のスタジアム外周部の軒庇に使用するスギ材の製作に携わっております.

北海道代表とのことで大変うれしいお知らせですね!

​積極的に道産材の杉を活用してゆきたいところですね!

http://mori-haruki.co.jp/gallery/gla

2018.7.22

【ホームページ拡充】

 

新たにBLOG,MEDIA,OPEN HOUSE

の項目を追加いたしました.

BLOG

GLALOG-001/GLA声明 にて決意表明とGLA秘話について

記載しております.

MEDIA

雑誌やカタログにこれまで取り上げていただいた

過去のご案内になります.

OPEN HOUSE

自邸「森の素形」のオープンハウスを行いたいと考えておりますので,ぜひメールアドレスをご登録ください.

​ある一定数のご登録がないとオープンハウスはされません笑

2018.7.10

【Replan雑誌掲載決定】

 

雑誌「Replan」の次々号123号「北の建築家」コーナーに

「森の素形」の掲載が決定致しました.

いよいよ「森の素形」メディアに取り上げられますが、大変嬉しい限りですね.

写真家の佐々木育弥氏による撮影が先日無事完了致しました.

どのような構成になるか今から楽しみです.

下の写真は雪景色ですが,今回は夏の緑が鬱蒼とした写真になりそうです.

2018.06.20

若手建築家の模型展出展決定】​

「若手建築家の模型展」に出展が決まりました.

​ぜひ遊びにいらして下さい.

会場にはいたりいなかったりしますので

事前にお声がけいただければご案内いたします.

「森の素形」を出展いたします.

会期  2018.6.29 (金)-7.8(日)

時間  11:00 - 18:00

会場  ギャラリー門馬ANNEX​  札幌市中央区旭ヶ丘2丁目3-38