• GLA

GLAlog-032/蘇芳の器と鬼滅の床

やってしまいました。

はい、やってしまいました。

またもや、やってしましましししししまいました。


2か月放置。。。


GLAなみなさま、こんばんは。

なんでしょう。

つい最近ブログ執筆したばかりのはずなのに

気づいたら2か月たっていました。


これ、なんですか?

罠?

錯覚?

現実逃避?

意識不明?

記憶喪失?

ジャンプ?

トリップ?

え?クスリ?


いやいや、びっくりしてしまいますね。

忙しさにかまけていたら、一瞬の出来事です。。。

2か月またサボりました。

いや、気が付いたらさぼっていました。。。


今日は気持ちに少し余裕ができたので

筆をとってみたんですがねぇ。。。

ジャンプしていた。

週刊少年ジャンプじゃありませんよ。

えぇ。


それにしてもジャンプで思い出しましたが「鬼滅の刃」が大変ですね。

ここまでの社会現象となるとは。


かく言うわが家も全巻揃ってしまいました。

ついつい読んでしまいますね。

コロナにも負けず、あの興行収入は信じられません。

とはいえ、さすがに映画館は足が遠のきます。

そして、札幌は最悪のコロナ第3波。。。

近所のいくつかの病院でもクラスターが発生していたり

ちょっと、危機感を募らせています。


そんな、厳しい中、

先日江別の住宅「蘇芳の器/スオウノウツワ」を

無事にお引渡しさせていただきました。


先日行いましたオープンハウスも満員御礼でした。

極寒の中、見学にご参加いただきましたGLAな皆様、

誠にありがとうございました。

換気励行のため、窓フルオープンにしていたら

芯から冷え、身の危険を感じました。

この季節、換気厳禁です。。。


とはいえ、最大限の配慮をさせていただき

できる限り1時間に1組限定で御案内させていただきました。


既に全容はインスタなどで見られている方も多いかと思います。

牧場に隣接する北海道らしいロケーションです。

近くにはサイロがあったり、昔ながらの赤い屋根があったり。

なにかそのようなアイロニックな北海道らしい景色を模索しておりました。

建築こそ箱型ではありますが

牧草地や、隣接する公園の緑と相性の良い

蘇芳色を採用しました。

平たく言うとボルドーレッドとでもいいましょうか。



内部は構造材を現した、

木材がむき出しの素朴な力強く大らかなインテリアです。

空間はシンプルなんですが少しだけ複雑です。


最近思うのですが