蘇芳の器/suou no utsuwa

この住宅は,牧草地と公園に隣接した伸びやかな敷地に計画された.

「一面に広がる緑の大地には,どのような建築の佇まいが相応しいのか.」

「北国らしい小屋やサイロのような,何か愛らしくも力強い建築はできないか.」

 

問いの先に,北海道民の記憶に刷り込まれた板金の赤色を箱型の家に纏わせ,その中に3層の床を挿入する構成を試みることとした.

1層平面は玄関先を「くの字」に凹ませて人を招き入れるアプローチとし,内部は大小2つの「間」からなり,大きい方は外から連続した自由度の高い空間としている.

2層目は階段を中心に,隔たりなく,様々なスペースがぐるりと配されている.

L,D,K,子供スペース,浴室,洗面,書斎,WC,L,D,K・・・

この回廊の頭上に,3層目の大きなロフト空間が広がっている.

高天井の中に,大きなテーブルのような構造物が少しだけ斜めに振られて置かれている.

狭い,広い,低い,高いという空間が生まれることによって,階段を取巻く居場所がそれぞれに性質づけられてゆく.

この床の板は好きな場所を抜くができ,頭上の抜け感を任意に調整することができる.

また窓は天井から腰高までの大きな開口とし,立つと牧草地越しに水平線が見え,ソファーに座ると雄大な空のみが切り取られる.

公園の借景には桜や藤の花を楽しみ,​四季の変化や一日の移ろいさえも美しく感じられる「蘇芳の器」の中で,この家族らしい生活が営まれている.

 COPYRIGHT Ⓒ GLA ALL RIGHTS RESERVED 2021