top of page

葡 萄 酒 と ラ ン プ
I B A R A K I   P R E F E C T U R E

【葡萄酒とランプ】

 

茨城県における戸建住宅のリノベーション.比較的ゆったりと時間が流れる閑静な住宅地.瓦葺のいわゆる日本家屋であった.クライアントは建築空間に造詣が深く,自身のライフスタイル,嗜好に即した最後となる住宅をご所望された.特にワインをこよなく愛し,ワインと共にある住宅の姿を模索した.二階建てではあったが平屋的に生活するとのことで,一階をスケルトンとし,窓を大きく拡張し断熱性能も上げた.そこから構造の柱を可能な限り残しながらブレースを加えてゆき剛性を担保させることとした.玄関からはLDKと水廻りを緩やかに分かつ長大な棚で構成された家具を挿入した.その中には葡萄酒のための空間を演出するランプがランダムに配されている.これら構造の柱やブレース,家具により単調な平面は複雑性を帯び,居場所を生み出してゆく.また素材にもこだわり,もう一つ施主が生業として人生を捧げてきたタイルを壁一面にあしらった.現存するタイル中で最も気に入っているものを選定している.これら素材たちは柱の群れと相まって葡萄酒のために結実し,大人びた空気感を醸しだしている.和室の続き間と縁側があった空間を思い出せない程に変貌を遂げた.葡萄酒のように華やかでありながら深く複雑味があり,余韻を楽しめるような住宅になっていれば幸いである.

一級建築士事務所 GLA 

contact mail click ▶▶▶ gla@gla-mail.com

 

「森の素形」のオープンハウスの御予約はコチラから▶▶▶

001.jpg
bottom of page