​黒 壁 の テ ィ ラ
k o k u h e k i - n o - t h i r a

S A P P O R O

【黒壁のティラ】 

迷路性に富んだ住宅がほしい,そうクライアントは切り出した.黒壁を纏った内部は気積豊かに展開し,居間への導線は長く計画された.3.6mの天井高で構成された一階に入子として挿入された石貼りの箱はその動線を生み出すことに寄与している.この箱の上部は和の間が設えており,一階をすべて見渡すことができる.また,その天井は三角に切り取られ居間から見上げても異化された場であることを認識させる.さらに高天井であるが故に玄関まで天井が延び,空間伸びやかに連続している.またLDKからは空しか見えないように最大限の窓を天井から取り付けている.つまりソファーに座ると視界は道路や隣家というノイズから視覚的にシャットアウトされ,空を額縁のように切り取って室内に取り込むことに成功している.また素材はラグジュアリー感を重視し,壁にスレートをスライスした板材を用いたり,オークのフレンチヘリンボーンを床に採用したりと重厚感を与えた.照明計画もまた,間接照明を中心に計画し,フィリップ・スタルクのロズィアンジェリスやアッキーレ・カスティリオーニのフクシアなど柔らかくも華やかな器具を採用している.また上階の個室群へ移層する階段室はクレバスのように切り立った壁がせめぎあい,白い谷間空間には上部より一筋の光が落ちる.住宅然とした既視感から遠ざかったこの住居内部は複雑で,まるでティラ島の街並みのような,迷路のような光景を作り出している.

一級建築士事務所GLA

contact mail

click ▶▶▶ gla@gla-mail.com

 COPYRIGHT Ⓒ GLA ALL RIGHTS RESERVED 2022