• GLA

GLAlog-003/ゲントな建築行脚001-田部美術館-

更新日:2020年3月1日



みなさまこんにちは。


ありがたいことにこのブログ、想定以上に読んでいただいているようです。


感謝いたします。


最近はというものあまり派手な生活をしていないものですから

(山にこもった生活。。。)


どうしても、笑えるようなネタがございません。

困りました。

とっても。

毎度悩んでおります。


書きたくないわけではないのですが、

いや、書きたいのですが

そう、ネタがない。


と、いうことで、


これまでのネタ帳から引っ張り出してきて。。。


建築行脚について書こうと思います。はい。


MooS時代から読んでいただいている方はまたかよ!

と突っ込みを入れられそうなのですが、

自分の建築アーカイブ的にも重要だと思われるものをお伝えしてゆこうと思います。


名付けて、「ゲント建築行脚。」シリーズ。です。


ベタですみません。


建築に興味ない方も「ふ~ん」て少しでも思っていただければ幸いです。


初回ですから、紹介する建築も悩みますね。


うーん。


うーーーーん。


ちなみに、自分の脚で見てきたものの中からの紹介となります。


とはいったものの。。。


やはり、巨匠あたりからいったほうがいいですかね。


それでは!!!


昨年見に行った菊竹清訓氏の田部美術館をご紹介いたします。


個人的にはとても感動した建築でした。


島根県松江城の向かいにあります。



だんだんと年を重ね、建築を無数に見てくると


自分で作るのが難しいだろう、と思うものに心惹かれてゆきます。


それは実は、日本建築そのものだったりします。


非常に難しいジャンルの建築。。。に部類されますね。


それだけに海外の方たちを魅了しますし


ぼくら日本人さえ、感銘を受けてしまいます。


やはり手の込んだ建築には力が宿るのです。


それを菊竹氏は現代的に換言できた建築家の一人ではないでしょうか。


有名な東光園なども見てきたので追々ご紹介いたします。


この田部美術館は

江戸時代の松江藩7代藩主であり大名茶人の松平不昧公(ふまいこう)


ゆかりの品々を含む茶道具や、


楽山焼や布志名焼をはじめとする出雲地方の美術工芸品を中心に収蔵されています。